うつ病の診断を受けるときのポイントを徹底解説!

悩みから解放。

なかなか聞けない料金の話

カウンセリング

うつ病の診断にかかる初診の費用は、初診で3,000〜6,000円程度が相場となっていますが、大学病院など大きな病院ではMRI検査やCTスキャンなど検査代が多くかかる場合もあります。また、この他にお薬代もかかります。

もっと読む

受診時に患者が心がける点

聴診器

うつ病の診察では、問診と国際基準に基づいた診断が行われます。問診は患者の状態を知るために重要であるため、時間をかけてくれる医師を選びましょう。診断書に書かれる分類コードは年金の申請に必要であるため、漏れや間違いが無いかチェックします。

もっと読む

自分の症状を詳しく伝える

医者

些細なことも話そう

メンタルヘルスの分野では、体の病気のように血液検査や尿検査などで異常値が出るというものでなければ、発熱などの誰が見ても明らかな症状がるものでもありません。日常生活を送るのにも支障をきたすほどつらいと感じているにも関わらず、周りにわかってもらいにくいという側面を持っています。うつ病の診断を受けるには精神科や心療内科で受診することになり、これらの診療科はその専門分野ですが、正確な診断を得るためには自分の症状をできるだけ正確に伝える事が一番大切になります。精神科はその性質上今まで受診したことがなく、どのようにすれば良いのかわからないという人がほとんどであるため、病院に行くだけでもハードルが高いと感じるものです。この程度の症状で受診しても良いものかと考えてしまう人も決して珍しい事ではありません。また、つらいことは色々あるけれど、こんな些細なことまで話していいものかと細かいことまで診察時に話すことが出来ない人もいるのではないでしょうか。専門家である医師がどのような情報を必要としているかは、実際のところ患者の立場の人間にはよくわからないというのは無理もない事です。また、同じうつ病のなかでも大うつ性障害や双極性障害など症状の出方が異なるものがあるため、診断にはたくさんの情報が必要になってきます。そのため、できれば受診前に自分の症状を時系列にまとめたようなメモがあると、大変大きな診察の助けになります。そこには、うつの症状がでるきっかけになった出来事などが書かれているのが望ましく、症状と出来事を合わせて書いておくと良いです。たとえば、会社での人間関係に悩み始めた時期に合わせて食べられない、眠れないといった体の症状がでることや、何もやる気がしない、訳もなく涙が出るといった精神面での変化が見られたという事が分かるように書きます。とはいえ、うつ症状に悩む人にとって、病院に行くというだけでも大変なことなのに、このようなメモまで作るのは難しいという場合も多い物です。そのため、できれば家族が代わりにまとめてあげつつ、近い場所から見てきた人間にしかわからないような言動に関しても気になる事は書いていくとよいでしょう。そして、病院に行く際にはできる限り家族が付き添ってあげるようにすることで、患者自身の負担が軽くなるだけでなく、正しい診断を受けるのに必要な伝える作業を助けてあげることが出来ます。うつ状態にある患者では気になる事を医師に質問することも難しいですが、家族であれば不安なことを気兼ねなく医師に質問することも出来るでしょう。それと同時に、病院の環境や医師の診察の様子を第3者の目から見ることで本当にこの病院でいいか、この医師でいいかというチェックも行うことが出来るのもメリットです。うつ病は診断を受けてからが長く、場合によっては再発を繰り返すこともおおい疾患であるため、その治療は信頼できる医師の下で行っていくというのが重要です。薬ばかり多量に処方する医師や、待ち時間が長く5分診療の病院などは病院を変えた方がいい場合もあるため、家族が見極めてあげましょう。

信頼出来る主治医を探して

悩む人

うつ病の診断を受ける場合は、患者にとって相性の良い主治医に出会える病院を選択するのが一番大事な基準です。決して大きな病院である必要はなく、人間性に惹かれる医師に出会える病院を探すことで、治療も前向きに進められるでしょう。

もっと読む

オススメリンク

  • うつアカデミー

    うつの診断を実際に行なってみたいと思う人はいませんか?ここなら簡単に症状を確認しておくことができるので見てみよう。
  • うつ病サプリ

    うつの診断結果を知っておきたいと思う人はいませんか?こちらで案内されているチェック項目を利用してみるといいです。