うつ病の診断を受けるときのポイントを徹底解説!

女性

なかなか聞けない料金の話

カウンセリング

精神科にかかる費用は

うつ病の診断を受けるためには、精神科や神経科を受診する必要があります。内蔵など肉体的な不調があるなら、心療内科でも良いでしょう。一般的に行くことがあまりない科なので、受けられる病院がどこにあるのか調べるところから始める人が大半でしょう。一般の内科でかかりつけ医がいるなら、まずはそちらで相談してみて、紹介を受けるというのも良い方法です。まず最初に、うつ病の診断や治療でいきなりまとまったお金が必要となることはありませんので、そこは安心して下さい。なかなか周りの人には聞きにくい内容ですし、病院の受付に電話しても「一律いくら」と言えるものでもないので、心配かもしれませんがざっくりとして目安だけ頭に入れておきましょう。断言は出来ませんし、処方されるお薬の種類や量にもよりますが、おおむねかかる費用は初診で3,000〜6,000円程度が相場のようです。初診というのは、初めてその病院で診てもらう時のこと。内訳は診察代、検査代、処方代、調剤料などになりますが、次に行く時には再診となり、費用は2,000〜3,000円程度が相場になります。この他、お薬代がお薬の種類によってそれぞれかかります。大学病院のような大きな病院に行った場合には、MRIやCTなどの検査が行われるケースもあり、その場合は検査代が高くなる可能性があります。一般的な病院や小さなクリニックにはそうした設備がない場合もあり、うつ病の診断には用いられないのが普通です。でもうつ病の場合、大きな病院だけが必ずしも良い治療の場とは限らず、患者本人と担当医師との相性がとても大事になります。近くにある小規模なクリニックや病院でも、安心して話せる医師がいてくれるなら、そこが一番良い治療先と言えるでしょう。病院の評判はいろいろと耳にすることもあるかもしれませんが、相性は人それぞれなので、まずは行って話をしてみるのも大事なことです。保険診療であれば料金が大きく変わることもありませんので、費用面だけであちこち行ってみても、そこはあまり変わりはないでしょう。費用内訳の内容としては、診察料というのが医師の診察にかかる費用です。検査料は、おおむね心電図検査や血液検査、尿検査などの身体検査の料金と、心理検査という精神状態の診断にかかる費用です。処方量はお薬を処方する時にかかる費用ですが、お薬の数や種類数によって変わります。ちなみに、お薬の数や種類数が多くなると診療報酬は下がる仕組みになっているので、たくさん処方して売上をあげている、などと勘ぐる必要はありません。うつ病の治療に使われるお薬は、抗不安薬や抗うつ薬、抗精神病薬、睡眠薬などです。うつ病はお薬での治療が基本ですから、一時的に症状がある時だけのむ頓服(とんぷく)以外は、決められた通りにきちんと飲み続けてコツコツ治療を行いましょう。また、全員に適用されるわけではありませんが、自立支援医療制度の適用になると、保険診療の3割負担が1割負担まで下がります。総合失調症やうつ病、躁うつ病などで所得が十分でない場合に適用される場合がありますので、病院で相談してみると良いでしょう。