うつ病の診断を受けるときのポイントを徹底解説!

女性

信頼出来る主治医を探して

悩む人

癒される医師を見つけよう

その医師に会うことで癒されるというのは、うつ病の診断を受けた患者にとって非常に重要なことです。うつ病は、診断されてから治るまでに長い期間がかかる病気です。その間ずっと主治医と一緒に治療を進めていくわけですから、その医師とも長い付き合いになるわけですね。うつ病の患者は心の平安がとても大切ですから、治療や診断に関して納得の行く説明をしてくれる医師である必要があります。薬による治療がメインになるので、飲む薬についての細やかな説明、服用していて負担のない処方など、自分にピッタリだと思えることが大きな支えになるでしょう。うつ病を治療する病院を選ぶ際には、こうした主治医がいることが基準となります。患者も医師も人ですから、結局は人と人との相性になり、会って話してみないとなんとも言えない部分はあります。一般的にも、好ましいと感じる相手がなぜ好ましいのか、本人にもわからない場合も少なくありませんし、同じ人に抱く感覚も一人ひとり違うのが普通です。心を開いて話が出来る医師が見つかれば治療にも前向きになれますし、誰が何と言ってもそれが正しい選び方と言えます。うつ病は、状態があまり良くない時には、ベッドから起き上がることも出来ないほど辛い症状になります。通院するのであれば自宅から行きやすい場所にあるに越したことはありませんが、もし病院の立地と医師との相性とを天秤にかけるのであれば、相性を優先して正解でしょう。あまりにも遠い場所にある場合には考えざるを得ませんが、信頼関係の厚い主治医がいれば、通院が苦にならないという患者は少なくありません。このあたりは、他の病気で通院するのとは一種違った選択基準と言えるかもしれませんね。また、うつ病の治療の場合、基本的には最新の医療機器が必要なこともありませんし、外科的な手術などをする必要もありません。大学病院などでは、最初の診断時にMRIやCTスキャンを行ったりする場合もありますが、必ずしもそうした診断が必要というわけでもありません。大きな病院で設備投資が潤沢だから、そこを選ぶべきというわけでもないわけです。そうした意味では、人間性に惹かれる医師がいてくれさえすれば、とても小さなクリニックであっても理想的な治療を受けることが可能となります。選ぶ際には、まずそうした目線を持つことが第一と言えるでしょう。とは言っても、信頼関係というものは、当然ながら会ってすぐに築けるものでもなく、時間をかけて積み上げて行くものです。会ってすぐにフィーリングが合うと分かればいいですが、さすがにそんな運命的な出会いばかりでもないでしょう。一般論にはなりますが、うまく付き合っていける相手かどうか知るポイントは、とにかく話しやすい相手かどうかです。うまく話せなくても話を切り上げない、時間を制限しない、リラックスさせてくれるといった要素がありますが、どういう相手が話しやすいかは、患者一人ひとりによって異なります。話せる相手であること、いきなり薬ばかり処方しないこと、質問に丁寧に答えてくれること。一緒にいて居心地の良さを感じられる片鱗があれば、通ってみても良い病院と言えるでしょう。